レディ

健康に配慮した家を建てたいなら炭の家に決まり

炭を多く敷き詰めた住宅

住宅

屋内の空気をクリーンに

ホルムアルデヒドによる健康被害に悩む人が増えている現在では、炭の家の需要が高くなっています。炭の家とは、ホルムアルデヒドを吸着したり分解したりする炭を、床下や天井に敷き詰めた住宅です。延べ床面積にもよりますが、500〜1000kgもの炭が敷かれるため、炭の家に住む人は、ホルムアルデヒドの影響を受けにくくなります。具体的には炭の家では、空気中のホルムアルデヒドの濃度が、厚生労働省が設定している基準値の10分の1程度になるのです。さらに炭の家には、調理や喫煙による匂いが充満しにくいという特長もあります。というのも、給気口や排気口が随所に取り付けてあるため、自然換気によって匂いがスピーディに屋外に排出されるからです。しかも屋外から入ってきた空気は、炭によってクリーンな状態になってから、屋内に広がります。この点からも、炭の家では安全に快適に暮らしやすいと言えるのです。また炭には、湿気を適度に吸収するという性質もあります。そのため炭の家では、炭を敷いていない住宅と比較すると、床下や天井裏の湿度が10〜20%ほど低くなります。その分カビやシロアリによる被害が発生しにくく、住宅そのものが長持ちしやすいということでも注目されています。もちろん室内の湿度も下がるので、ジメジメとした梅雨の時期でも、比較的過ごしやすいのです。このようにメリットが多いことから、長く住むことになるマイホームに、炭の家を選ぶ人は増加しています。

地域で助け合える住宅

すぐに入居を希望しているのであれば、分譲住宅が最適です。大阪は居住地域としても人気の高い街なので、気に入った住宅を見つけたらすぐに契約しましょう。外壁や屋根の色を選べる住宅もあるので、自分好みの住宅を手に入れて下さい。

家族との会話も大事

相模原は住宅街として近年人気があります。地域に密着した不動産会社であれば、アフターフォローも安心です。一軒家には生活音を気にしなくてもよいなどもメリットも多いですが、費用が心配な人は、不動産会社に相談して家づくりをするとよいでしょう。

平屋の魅力

神戸市で注文住宅を建てる方に、平屋の家が注目されています。平屋の家は、家事動線がシンプルになるという点が魅力です。また、年齢を重ねた時に階段の上り下りをする必要が無いので、シニア層も生活しやすい環境をキープ出来ます。

Copyright © 2017 健康に配慮した家を建てたいなら炭の家に決まり All Rights Reserved.